--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 06. 18  
 私の朝は早い。
 それは修行僧―――タゲ下がりが出来ず死にまくる武闘家に「聖女よこせ」と言われる僧侶の様に苦行な早起きである。
 夜ドラクエに割く時間が減った私は、それを補う為に起床時間を早めている。どれ位早めているかと聞かれれば、それは聞く者皆が驚愕するだろう。
 二十分である。
 二十分といえば地球から太陽まで往復しお釣りがくる時間である。全くとんでもない早起きだと自分でも驚愕する。光速も顔なしである。
 
 その二十分で何をやっているかと問われれば、それはドラクエだ。
 睡眠の為に夜早く落ちているのに、朝ログインの為に早起きするとはなんとも矛盾な行動ではあるが、健康面で見るとこちらのほうが遥かに優良である。但し大人としては不良ではあるが。
 
 その二十分で何をやっているかと問われれば、それは職人依頼巡回だ。

 そんな訳で今回は私の現時点の職人状況の紹介を記事にしてみようと思う。
 そして、何故こんな語り部口調かと言われれば、それはただの迷走中と答えるしかない。
 再開してちょっと新しい事やってみたいなぁと思い悩み、結局自分のボキャブラリの無さからこんなよく分からない方向性に陥っている訳である。
 飽きるまでやって、飽きたら止めようかと思ふ。

 
1_20150617161620a87.jpg
 まず最初にログインするのはクレハ垢、木工職人もみじだ。
 
 彼女は私が「木工職人儲かるかも!」という下衆であり、しかし全うな思いから生まれたキャラである。
 だが彼女が稼いだ事は無い。最先端武器で稼いだ事が無いと言った方が誤解がないだろう。
 何せ彼女は職人依頼をするか、チムクエ大成功稼ぎにペロリンスティックを作るかしか行っていないからだ。
 よって職人レベルも評判もなんとも中途半端である。その中途半端を隠すために無理矢理頭に毛糸の帽子を被せてみたが、これまた中途半端である。
 
 そんな中途半端な彼女も、職人依頼赤依頼ではそこそこ稼げている。
 毎日コツコツやっていれば、実はそこそこの金策になり結構助かるのだ。
 常に一発仕上げで納品しているので、所要時間も一~二分程度である。
 来期新武器実装で、彼女が大輪の花を咲かすのか、それとも夢破れ枯れ木になるのかそれは私にも分からない。
 分かっている事は、実践経験の少ない私は高レベル武器を作る腕が無いという事だけだ。


2_20150617161621a96.jpg
 次にログインするのはもう調理職人以外出来ないと言わんばかりの名を持つ、ミスあじっこ。
 
 彼女はアキとクレハにバトルステーキとバランスパスタを提供する、所謂お抱え料理人である。
 そんな彼女、実は私のキャラの中で最初に職人レベル五十になった実績の持ち主だ。
 特に経験稼ぎを頑張った訳ではない。元気玉は三回程使用したが、どれもバランスパスタを作る時であり、あまり経験稼ぎの意味合いはない。
 そんな彼女が何故最速で職人レベル五十になったかと聞かれれば、職人依頼である。
 正直調理職人の依頼は優遇されすぎている。
 儲けが大きいし、経験値も大きい。優良依頼も出やすいのである。
 
「お母さん今日の晩御飯なに~?」
「今日はいやしのムニエルよ」
「え~、また~?昨日もいやしのムニエルだったじゃん」
 という会話が成立してしまう位いやしのムニエルが依頼に出現するのだ。
 
 赤依頼も道具鍛冶の超系依頼に匹敵するかそれ以上の報酬なのに、出現頻度が三倍近くあるのではないかと思う程である。真に赤を冠するに相応しい依頼、それが調理職人だ。道具職人の白依頼は馬鹿者かと言わんが如くだ。
 よって職人レベルも上がるし、お金も稼げてしまう。調理職人の依頼は☆☆でもバザーに出せば黒字になる物が殆どであり、納品用の☆を作ってしまうまでひたすら繰り返せばそれだけで金策になってしまう。
 それが分かっている人は、毎日調理職人の依頼をやっているのではないだろうか。
 
 余談ではあるが、毎日オルフェア調理職人ギルドで一発仕上げを行っている人を目撃する。一発仕上げを行いギルドマスターへ赴き、再度一発仕上げを行う、そんな人をだ。
 これは実に勿体無い。みすみす儲けを逃している。

 それは私なのだけど。

3_20150617161622278.jpg
 クレハ垢最後に登場するのは勿論クレハだ。
 
 彼女は私を知る人の八割位がメインキャラだと思っているのではないかという位、メインキャラ扱いされる。
 悲しいエピソードを紹介するならば、ブログを見て私を知った方々が私を見かけた場合、いいね!をするのは大抵クレハなのだ。アキが隣にいるのに。隣がアキなのに。メインはアキなのにだ。
 勿論そんな時、私は毅然とした態度で行動に出る。
 いいね!を返し「ありがとう!」と言ってやるのだ。
 クレハで。
 チキンハートだから致し方ない。
 そう言えばシーチキンとは何故チキンなんだろうか? シービーフでもシーポークでもいいし、シーミートであるべきではないだろうか? あれにどれ程のチキン要素があるのか全く不明である。
 
 クレハであるが、彼女は全八キャラ中一番職人の進みが遅い。
 理由は幾つかあるが、今までの流れで職人依頼を他と比べてみる。
 質素である。
 貧相でもいい。
 報酬が悪いのである。そして赤依頼出現頻度も悪いのである。もはや粗悪と呼んでも致し方ない程に。
 そのせいで職人依頼では中々レベルが上がらないのが現状だ。
 そうなると依頼以外で武器を作成し売るしかないのだが、いかんせん武器職人は経験稼ぎに向いている武器が少ない。

 まず特殊な需要が無い限り、最先端の武器以外大量作成には向いていない。勿論結晶装備用であれば黒字で作れるのかもしれないが、得る経験値が少ない為まさに修行である。
 
 では最先端武器を作ってみては、となるのは全うな人間の行き着く先だとは思う。帰結とも言える。
 しかしそこに待っているのは地獄だ。
 最先端武器とは魑魅魍魎が跋扈する地獄である。バザーに出品しようものなら一分を待たず売値を被せられる事などざらだ。
 作った時の値段から数十万下がった所でやっと売れたなんて掃いて捨てる程ある話だ。
 かく言う私も何度と無くそんな地獄を見てきた一人である。勿論これは地獄から生還したという英雄譚ではなく、大損して泣きながら撤退したという失敗談である。地獄の沙汰も金次第とは言うが、この地獄は数百万ゴールドの支払いを要求されるのでたまったものではない。
 前述の通り私はそんな地獄を何度も体験した訳だが、流石に懲りたのと自分のログイン時間では売却に向いてないと気付き高額武器を作るのを封印した。
 最後に高額武器を作ったのはライトニングダガーで最期となった。
 意外と最近の事だった。

 
 
 次回更新、もしくは何回か更新した後続きを書こうと思います。
 ブログランキング参加中!
↓良い記事だと思ったら応援クリック宜しくお願いします!
ステージバナー
↓ツイッターのフォローはこちら!


関連記事
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
キラーマジンガ魔戦入りの戦い方
NEW Topics
お知らせ
輝石の竜箱(魔塔報酬)
死ぬかと思った
コロシアムショボ勢のススメ
後期について
Comment
No title
クレハさんの画像がすごい存在感というか貫禄ありますね!
さすがメイn・・・
Re: No title
>ゆきさん
ここにもメイン扱いする人がいたwww

> クレハさんの画像がすごい存在感というか貫禄ありますね!
> さすがメイn・・・
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

アキ&クレハ

Author:アキ&クレハ
メイン:アキ(ウェディ♂)
別垢サブ:クレハ(オーガ♀)
グレン草原7855-6番地在住

自分の書きたいと思った事を書く方針なので、つまらないと思った方は読まない様にねw

ツイッター
最新記事
記事一覧
規約
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。